ダイバーシティ

ハラスメント対策シリーズ: 2

(3)ハラスメントの影響 ①職場のいじめ・嫌がらせの増加 厚生労働省が公表した「令和元年度個別労働紛争解決制度の施行状況」によると、民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数のすべてにおいて […]

続きを読む
ハラスメント対策シリーズ:1

第1章 ハラスメントの定義と種類 1.ハラスメント問題の概要 (1)ハラスメントの定義 ①「ハラスメント」という言葉の意味 ハラスメントという言葉には、弱い立場の相手に嫌がらせをする行為という意味があります。英語ではha […]

続きを読む
海外のダイバーシティ~採用・昇進プロセスからバイアスを排除

最近ビックリした無意識の偏見対策にGoogle社の中途採用のし方がある。同社で応募者に尋ねるのは「今は何をしているのか」「過去に何をしてきたのか」「これから何をしたいのか」の三つだけ。年齢バイアスや性差別・国籍別バイアス […]

続きを読む
男性育休じわじわと。企業の役割強化

政府の掲げた2025年までに男性の育児休業(以下 育休)取得率30%の目標に向け、男性の育休取得を進める企業には国による支援があります。男性も育休を取りやすい職場はマタニティ、パタニティハラスメントの予防にも効果が期待さ […]

続きを読む
後ろの正面だあれ~「わきまえる」発言に思うこと

森喜朗前東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の「女性蔑視」発言が大きな問題となりました。「女性の話は長い」+「わきまえる」が「何か」を衝いたようです。わきまえさせる男性とさせられる女性。この¨差別性に富んだ¨発言は倫理 […]

続きを読む
見える?見えない?「ガラスの天井」

「ガラスの天井」(Glass Ceiling)は、女性が向上することを阻む目に見えない天井を指します。ヒラリー・クリントン氏が、2016年の米大統領選で敗れ、「(大統領という最も高く硬い)ガラスの天井を破れなかった」とス […]

続きを読む
人を大事にする「働き方改革」の進め方(3)

JDIOダイバーシティシニアコンサルタント 油井文江 働き方改革~人材確保、生産性・収益アップの実践へ 企業の人材難による業績の伸び悩みや、事業縮小・撤退に及ぶケースが少なくありません。「働き方改革」は、人材の枠を拡げ、 […]

続きを読む
「『佰食屋』の働き方改革!」を開催しました

鳥取県の河野です。2020年1月22日に鳥取県地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会(注)・鳥取県が開催した「『佰食屋』の働き方改革!」をご紹介します。  日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」など数々の […]

続きを読む
「『働きやすい鳥取県』を推進するシンポジウム」を開催しました

2019年3月にダイバーシティ・コンサルタント養成講座(大阪)を受講した河野(かわの)です。普段は、鳥取県庁職員、中小企業診断士として企業の経営支援に携わっています。 当県では2019年12月16日、「『働きやすい鳥取県 […]

続きを読む
イノベーション評価の2つの視点

「ギグエコノミー」は、インターネットにより仕事と労働者をマッチングさせるイノベーションとしてある。イノベーションは大いに是としつつ、やはり何かが足りない。それは、働き手のためになるイノベーションという視点ではないか。 オ […]

続きを読む